スポンサーサイト    --年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  Top↑

時間の流れは    2012年04月17日(火)




VUでケアル回復量が回復魔法スキル依存になりました(・ω・)

ので、裏クフィムでおためしに(今更)行ってみたらびっくり!
ケアルIVで880とか!素のケアルVより回復するじゃない!!
(サポシで行ってます)

詳しく調べてないけどケアルIIIで440↑回復することは確認してます
なんだかもうケアル回復量は飽和状態ですねー…
回復量うp装備ももう集める必要性が感じられなくなってきました…


追記は、FFXIと共に歩んできた歴史をつらつらと書いてます
リアルも交えて過去暴露なのでただの自己満足記事ですが
長い間FFXIをやってきた思い出を書いていきたいと思います





わたしが今持っているPCに残ってる中で一番古いSSです
撮影日は2003年12月17日になっていますね(・ω・)

わたしがFFXIを始めたのは2002年12月の中頃だったと思います
兄がクリスマスプレゼントにXIをやる権利と毎月の支払いをしてもらうことになり
当時は「家族でプレイ」を推奨していたので、兄妹でプレイすることになりました。

前にも書いたけど最初に作ったキャラはサンドでミスラで、日本語入力すらできず…
その後兄のプレイ中に見かけた白/戦の白さんがかっこよかった!という理由で
バスでヒュム♀白でプレイしなおしたのが今残っているキャラです

生まれはKujata、育ちもKujata、サーバーが無くなる瞬間までKujataにいました
最初のサンドミスラの名前は「Renatti」というローマ字入力の超地雷www
そのIDのまま「Yuzurinn」というこちらもローマ字感満載のキャラでプレイしてました

と、いうのも私がFFを始めた時はまだ小学6年生、12歳だったんです
フレになった人は「Renatti?本名は『れな』って言うの?」とよく聞いてきましたが
『ゆず』も『れな』も本名とはまったく関係ありませんのであしからず
当時使っていたHNがそのままでは取れなかったので苦し紛れの名付けでした
ゆずりんのnが二つの呪縛は結局2011年中頃まで続いていましたが(´・ω・`)


兄に言われるままXIを始めたはいいものの、当時はPCする時間に制約があって
ネットサーフィン等をしてるとXIをやる時間がなかったので全然インしてませんでした
実はもともとゲームが得意なわけじゃなくて、いつも人のプレイを見てるだけで
特にリアルタイムに行動を強いられるようなゲームは毛嫌いしていました

イン率が急激に上がったのはどれくらいだろう…
中学1年の冬休みあたりからだったかな?ジラートが発売された後だったかと
それから「毎週○曜日と×曜日は誰がPCを使ってもいい日」というルールで
インできる日は楽しみにしてた記憶があります
ちなみにルール作ったのはうちの親で、兄ばかりPCをしていたのが問題で
当時はまだ自宅にPCは1台しかなかったので取り合いになってたからです
PCをしたいが為に兄に小遣いを渡して買収してたこともあります\(^o^)/

中学生の間にレベルがカンスト(75lv)することはありませんでした
特に受験もあったので塾やら勉強やらで時間が制限されていたので
いわゆる「廃人プレイ」は不可能な環境にいました


そしてわたしは道を踏み外すのです
「FFXIを思う存分したいから」と高校のランクを恐ろしく下まで下げたのです
周囲には「制服が可愛いから」と言っていましたが真相はネトゲのためでした

その頃には兄もXIに飽きていたのでわたしがずっとプレイしていました
丁度わたしが知人からノートPCをもらったこともあり、PC占拠のルールは無くなり
学校の合間、バイトの合間にずっとログインして廃人化していきました
LV70になった途端にHNMLSや空活動といったエンドコンテンツに参加しだし
最終的には水木金土日の夜はコンテンツ…という廃人具合になりました

バイトのシフトもネトゲが優先 友人の誘いもネトゲが優先
高校入学した頃からPCの台数も増え、更に抑制する人が居なくなったので
出来うる限りの廃人プレイを漫喫していたんじゃないのかな…?

そうして高校卒業して就職、転職やらをして現在にいたります
就職してからは廃人具合も落ち着いて、更に転職してからは
シフト制の仕事だったので必然的にログインする時間は減りました

そして限られた時間でXIでプレイするうちに一つの疑問が浮かんできます
「なんでわたしはエンドコンテンツを強いられているんだろう?」
欲しい装備は一通り揃って、あとは自分には手が届かないだけで
アビセア導入により色んなことが増えてきたのに、仕事の合間にインして
大してやりたくないコンテンツをただ消化するだけの環境

もちろん装備を取らせてもらったお礼もあるし恩返しはしたかったです
でもそこで起こるメンバー内の衝突、自分にまで影響のある活動方針の変更
仲の良かった人達同士が陰口を言い合い、それに板挟み……

色々要因はありますが、そこでわたしはサーバー移転を選びました
そして移転先もわたしには合わず、更にサーバー統合されたこともあり
全くインしない月が出てくるようになりました
違う、これじゃない、と考えたわたしが出した答えはまた移転すること
そうして、今とあるサーバーの片隅にいます

これがリアル系列で書いたヴァナで過ごしてきた歴史
ヴァナ内では…これも一通りやった感じがありますね

ヴァナ恋愛から始まり非女になってあれこれしてもらったり貢がれたり
鯖板にキャラが晒されたりこのブログが晒されたりもしましたね
勝手にコンテンツのリーダー的な役割をしていたこともあります
周囲の方々には本当に迷惑ばかりかけていました
ヴァナ恋愛がきっかけでLSを壊したり過疎らせたりしました
逆にリアルで会った人がKujataまで来たりってことも何度かありました

オフ会が好きな人間ですので、他サーバーの人とも会っていたんですね
だからサーバー移転という未知の部分にも踏み込むことができました
けれどそこでもやっぱり周囲を巻き込んで迷惑をかけた挙げ句逃げてきて…

某SNSでオフ会をしだしたのが全ての元凶かもしれません
わたしの了見が狭かったことも、考えがいつでも浅いのも原因です
とある鯖に逃げ込んだわたしはもうヴァナでそういうことを起こしたくなくて
今もそうですが基本的にどこの鯖にいるのかを公表していません
それでも起こる色恋沙汰とそれに続いて起こる関係の悪化

FFXIはあくまでゲームであって出会いの場ではないのにどうして?
そんなことを今でも真剣に思っています
オフ会で会わなかった人も、オフの話でわたしのことを聞いて
その為にわざわざ遠方から来たりということもありました

わたしは、ただリアルでもFFXIの話ができる人が欲しかっただけで
みんなで楽しくわいわいと盛り上がりたかっただけで
誰か一人を選んだらそれは失われてしまうからそれはしたくない
今までそれでいくつもの関係を失ってきたから


プレイし始めたのが幼かったから今も若いだけです
別に特別可愛かったり性格がよかったりってこともありません
でも女性プレイヤーは少ないし、若い人ってもっと少ない
だからたまたまわたしだったんです
隙が多いというか何も考えてないわたしは口説くのに丁度いいんでしょう
某SNSの集まりも、もう限界になっています わたしのせいで

FFXI自体も、今ではもう「やりたい」って思うことは無くて
欲しい装備はあるけど、それを手に入れることができたとして
一体どこでそれを使うの?結局コンテンツに入るために必要なだけ
VUもレギオンも手つかずです、そもそも全然ログインしていません


リアルの環境も、実家暮らしでぬるい毎日を送っていた廃人時代と
一人暮らしで色々やらなければいけない現在とでは行動も変わってきます
いつのまにか、最優先だったはずのFFXIはもはや選択肢に上がらない
10年近くも同じゲームを続けられている時点でもう十分だと思う
だって12歳から続けているんだから、物心のついた時から数えて
プレイしてない期間のほうが少ないんですから

「本当に引退する人は『引退する』なんて言わないでいつのまにか
 いなくなっているもの」
ってどこかの書き込みで見かけて、あぁその通りだなと思いました
フレから「○○行くよ!」「インしてきてー」と呼ばれない限り
POLを起動することも無くなって、それに違和感を感じなくなりました

だからわたしもいつFFXIをやらなくなるのかわからないんです
なので今、まだちゃんと課金が続いてるうちに言いたいこと


色々とお世話になったのに迷惑だけかけて置いてきてしまった皆さん
本当に申し訳ないと思っています、でも戻るのは間違ってると思うので
きっともうわたしのこともほとんど覚えていないだろうけれど
そのまま忘れてもらうのが一番いいのかなと思います

長い間お世話になって、本当に感謝ばかりで頭が上がりません
ありがとうございました、見ているかわからないけれど…

とても大切な人を何人も傷付けたり裏切ったりしてきました
これがせめてものわたしにできる最後のことです




これからもログインしてネタがあったらブログは続くかもしれません
もしかしたら続かないかもしれません、それはわかりません
少なくとも今、課金してから一回しかログインせずに3週間が経つ
そんな状態でブログに書くこともありません

長々と駄文を書き散らしてすみませんでした
ブログのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2012.04.26(木) 02:07 |  | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2012.04.28(土) 17:50 |  | コメント編集

ヒミツコメント1様

なにも言わずに連絡を経ってしまったこと、誠に申し訳ありませんでした。

みんなでわいわいやってた頃が一番楽しかったですね。
Lさんにも連絡したかったのですが、当時の人間関係により
お伝えできない状態でした。(決して信頼してなかったわけではありません。)

お互い、身体に無理の無いように今後も続けていられるといいですね。
わたし自身は少々心身的に参ってしまっているのであまりうまくいかない現状ですが…。
ゆずりん | 2012.04.29(日) 23:22 | URL | コメント編集

ヒミツコメント2様

不愉快にさせてしまい申し訳ございません。
高校のランク下げにはネトゲだけが理由で無く以前もどこかで書きましたが
私立併願ができない・人間関係も要因の一つです。
ただし記事にはそのことを書く必要が無いと思い省きました。
けれど事実不愉快にさせてしまいましたので配慮が足りませんでした。

若いから、隙が多いからというのは某SNSに関連したことであり、
いつも面倒を見て下さったことや心配していただいたこと、書き切れませんが
本当に感謝しています。この下りは決して貴方に向けた言葉で無いこと、ご理解いただければと思います。
一緒に居て下さったとき、わたしは毎日とても楽しく、また安心できていました。


移転するときにお話したときに決してわたしのことを否定せずに見送って下さったこと
今でもとてもありがたく思っています。
ヴァナで一番お世話になっていて言葉にできないほど感謝しています。
それなのに不愉快にさせてしまい本当に申し訳ありませんでした。
ゆずりん | 2012.04.29(日) 23:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuzurinn.blog40.fc2.com/tb.php/340-65ffad65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。